うーはここで色々かくつもり

しがない学生。吃音有り、色弱有り、苦労有り。二次元が理想過ぎて三次が見れない。作家になる為日々精進。

試される大地へ【函館】

 なんか最近暑くなってきましたね。頭がぼーっとする。

北海道行きたい。

さて。

東北旅行記、遂に本州を超えて北海道へ。

f:id:you101611:20150329171447j:plain

初めは青森までのつもりで計画していたんですけどね。青春18切符での鈍行旅行ですし。でも、調べてみると北海道まで行けるみたいで。そうなるとむしろ北海道で贅沢する方向に転換した訳です。

とはいえ、この木古内で電車を降りたはいいが、全く北海道感が無い。というか何もない。人が居ない。まあ函館行きの電車に乗るための乗り換え地点なのですが。

f:id:you101611:20150329174935j:plain初の北海道ポイント

ですが、折角の北海道上陸ですので色々見て回ることに。

まず公園。

f:id:you101611:20150329180010j:plain

少し歩くと海が。

f:id:you101611:20150329180213j:plain

そして鳥居。

f:id:you101611:20150329180317j:plain

みそぎ浜というそうです。鳥居から見る北海道の海岸線というのもなかなか雄大。

f:id:you101611:20150329180257j:plain

まずいちばんに北海道の海を見れたのは幸運でしたね。あいにくの天気ですが。

これから向かうのは、あの先の地です。

f:id:you101611:20150329180510j:plain

というわけでGO。もう真っ暗だし凄く不気味でした。

f:id:you101611:20150329183218j:plain

といった感じで函館到着。

f:id:you101611:20150329201143j:plain

夜の函館。北海道は以前にも来たことがありますが、思ったより寒くなかったですね。

f:id:you101611:20150329201508j:plain

市電でGO。もう遅く、ホテルのチェックインまでギリギリなのでかなり急ぎでした。

f:id:you101611:20150329202208j:plain

らっくる♪  アイヌの神様「アイヌラックル」から来ているのでしょうか。

f:id:you101611:20150329202253j:plain

↑検索したら出てきました。絵描きさんお願いします。

北海道だ…!

f:id:you101611:20150329211443j:plain

湯の町に向かい、この日の宿。漁火館。今まで宿なんて載せなかったのに何故かって、そりゃここが素晴らしく素晴らしかったからです。贅沢した甲斐があった…。

f:id:you101611:20150329212346j:plain

飯も良し温泉も良しともう文句無しのところでした。

朝早く起きて1人お湯と景色を満喫。夜は暗くてよく見えませんでしたが、実は向かいが海という。

f:id:you101611:20150330054715j:plain

夜に窓を開けると、波の音が聴こえて来るですね。そして朝、カーテンを開けると海が広がっている…。観光してる感あった。

まさに湯の町の名に相応しい、温泉街ですね。

f:id:you101611:20150330060448j:plain

砂浜から立つ湯気。温泉が浜辺に流れ出ています。

f:id:you101611:20150330060019j:plain

 そんなこんなで函館の街へ。

昨夜と同じ市電で函館山の方へ行きます。

んで何故か坂本龍馬

f:id:you101611:20150330114051j:plain

 陸繋島というやつです。

f:id:you101611:20150330114406j:plain

メッチャ坂。

f:id:you101611:20150330114637j:plain

神社。

f:id:you101611:20150330114738j:plain

の隣の教会。

f:id:you101611:20150330115025j:plain

ハリストス正教会です。大きい。

f:id:you101611:20150330115155j:plain

日本に正教を伝道した聖ニコライ来日の、日本正教会発祥の地です。

f:id:you101611:20150330115232j:plain

二重間坂の女神もいました。

f:id:you101611:20150330114817j:plain

ロープウェイで登山。

f:id:you101611:20150330120055j:plain

メッチャ歓迎されてる。

f:id:you101611:20150330120115j:plain

UP

f:id:you101611:20150330121542j:plain

函館山。こうしてみると、あれだけ花粉に悩まされたのも納得させられる。

f:id:you101611:20150330121603j:plain

展望台から観た函館。デジカメのメモリーカードを入れ忘れてたりしてて、このへんの画像を紛失してしまった\(^o^)/

f:id:you101611:20150330123327j:plain

SINGAPORE

f:id:you101611:20150330123714j:plain

場所は飛んで、次に目指すはここ。またも展望台。

f:id:you101611:20150330143841j:plain

エレベーターで上へ。

f:id:you101611:20150330150632j:plain

ここから見えるものがコレ。

f:id:you101611:20150330144646j:plain

かの有名な五稜郭です。江戸末期には旧幕府軍の本拠地として、新政府軍との箱館戦争が繰り広げられました。旅行に出発する前に、祖母から「五稜郭はまず展望台から観ないと何が何だか分からない」と言われていたので、まずこちらに直行。

f:id:you101611:20150330144449j:plain

外から五稜郭を見るとこんな感じ。角なのはわかる。f:id:you101611:20150330143257j:plain

こちら模型。

f:id:you101611:20150330145211j:plain

幕末のアレコレの模型も。

f:id:you101611:20150330145235j:plain

f:id:you101611:20150330145329j:plain

f:id:you101611:20150330145524j:plain

東京タワーのやつ。

f:id:you101611:20150330150150j:plain

こういう星形のお城って世界中にたくさんあるんですね。長野県の龍岡城なんかは、敷地に学校があるみたいです。

f:id:you101611:20150330150133j:plain

1階にも箱館戦争の兵器などのレプリカが。

f:id:you101611:20150330143930j:plain

榎本武揚箱館戦争では旧幕府軍を率いる。その後、その才能を買われて明治新政府文部大臣外務大臣などを歴任した。

f:id:you101611:20150330144059j:plain

武田斐三郎。五稜郭を設計。江戸期は函館で洋学による教育に励み、明治期も陸軍士官学校教授など、生涯通して教育に人生を捧げた。

f:id:you101611:20150330144106j:plain

展望台の横には供養塔。

f:id:you101611:20150330150808j:plain

それでは五稜郭の中へ。

f:id:you101611:20150330150919j:plain

橋を渡る。

f:id:you101611:20150330151142j:plain

中は周りの街とは違う空間ですね。

f:id:you101611:20150330151220j:plain

五稜郭からの展望台。

f:id:you101611:20150330151434j:plain

都会の中にこんな大地があるっていうのがなんか凄いですねf:id:you101611:20150330151600j:plain

この前明治神宮行った時も思いましたが、その地域を発展させながらある一部をずっと前からそのまま残し続けると、空気が内と外でガラッと変わるんですね。

f:id:you101611:20150330153245j:plain

濠。

f:id:you101611:20150330151815j:plain

箱館奉行所

f:id:you101611:20150330153026j:plainこれまた当時そのまま。

f:id:you101611:20150330152915j:plain

大砲のレプリカも。

f:id:you101611:20150330152722j:plain

明治に建てられた皇太子殿下行啓記念碑。つまり大正天皇が訪れた時の記念碑ですね。

f:id:you101611:20150330161228j:plain

五稜郭はここまで。

そしてこの日の旅館。湯の町の平成館海羊亭。前日に続き、ここも結構贅沢しました(笑)f:id:you101611:20150330173437j:plain

写真は撮っていませんが、ここも温泉が凄かった。赤湯ですよ赤湯。赤湯に惹かれてここに決めました。まあ温泉入ったの夜遅くて、温泉の色見えなかったけど。

函館観光記はこんな感じです。いやはや、函館行って良かった。観光は楽しいし、食べ物は美味しいし。函館また行きたい。漁火館また泊まりたい。

今回は北海道観光は函館のみでしたが、今度は北海道巡りでもしたいですね。

さて、本格的な観光はこの日で終わりでしたが、東北旅行の楽しみはまだまだ終わりませんでした。

f:id:you101611:20150331094642j:plain

続きは次回。

ここから函館土産。

 見つけた時驚きましたアップルクーヘン。

 オシャレなお菓子。

 ハイチュウは定番ですね。

このバウムクーヘンは今まで食べたことがない味でした。見た目も香りも良くて、芸術品みたいでした。

 北海道といえばコレですね。

以下二つはお友達へのお土産。