うーはここで色々かくつもり

しがない学生。吃音有り、色弱有り、苦労有り。二次元が理想過ぎて三次が見れない。作家になる為日々精進。

ハイラル平原を駆ける【ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド】

久々。今年は毎月映画を観るとか創作頑張るとかゲームやるとか言ってたのに、発信の場であるここを放置してしまった。書くことは沢山あるのでこれからドシドシ書きます。

f:id:you101611:20170827204136p:plain

 

友人とお金出しあってNintendo Switch買いました。E3の映像見てこれは買わないとダメだと。

f:id:you101611:20170731224439p:plain

今話題のスプラトゥーン2も買いましたが、僕がまずやりたかったのはゼルダ。Breath of the Wild、凄い自由なゲームだと聞いていてかなり興味があったのです。この夏は時間さえあればBotWやってました。とにかく気の赴くまま、自由にプレイして150時間。一応ラスボス撃破とステータスMaxは達成できたのでここで一区切り。

f:id:you101611:20170731225132p:plain

ゼルダと言えば、初代から剣と魔法のファンタジーゲームとしての金字塔であり、Nintendo64の「時のオカリナ」では後の3Dアクションの基礎を作ったと言っても過言ではない名作として知られていますが、今回のこの「BotW」は全てを過去のものにしてしまうような衝撃と解放感を提供してくれる作品なんじゃないかと思います。

オープンワールドゲーム、公式ではオープンエアーと呼称されているこのゲーム、オープンワールドを一からプレイしたのが初めてな僕はもうドハマリしてしまったので、感激を文字にして心を整理します。

ゼルダの伝説シリーズでちゃんとプレイしたのは時のオカリナムジュラの仮面くらいで、後はちょっと齧ったくらいのニワカですがご容赦ください。

 

ゲームをスタートすると、主人公リンクは謎の少女の声に目を覚まします。小さな遺跡の中で青白い光に照らされるリンクは下着一枚、物語や世界への説明も無く辺りを巡ってみると「シーカーストーン」を発見、謎の声に促されるまま外を目指します。

f:id:you101611:20170824235011j:plain

遺跡(後に祠と呼ばれます)を出ると辺りに広がるのは草原。ムービーに入りリンクが草原を走っていくと眼前には崖の先の森、山、空とが映し出されます。この今目にしている全てに行くことが出来る。このゲームの途方も無さに圧倒されました。

f:id:you101611:20170824234934j:plain

Switchの画質で自然が細かく展開されていて、ただ歩き回るのも楽しい。

f:id:you101611:20170827195537p:plain

f:id:you101611:20170731225430p:plain

f:id:you101611:20170731225109p:plain

この大自然を目にしたプレイヤーはまずどうするか。僕はこの光景に吸い寄せられるように前進しました、崖の向こうへと。そうするとどうなるか。死にます。

f:id:you101611:20170824235835p:plain

いやあ、皆最初はこうなるでしょ?(笑) 今回のリンクは結構些細な事にもダメージ判定があり、ライフが少ない内は高所から落ちただけで死にます。そのため防具や回復アイテムを集めることが急務だったりします。

f:id:you101611:20170731225225p:plain

回復アイテムも従来のゼルダとは違って、敵を倒すとハートが落ちることはなく、自生する果物や野菜、野生動物を狩って得た肉を食べたり、焼いたり煮たりでできる料理を食べることで回復する形となっています。野生に生きるゲームなのです。進めていくとお馴染みのミルクは勿論、米や麦、バター、サトウキビも手に入り、結構凝った料理も作れるようになります。これがまた楽しい。

f:id:you101611:20170731225413p:plain

武器や盾も今回は種類が豊富。色んな性能の、色んな見た目のものが手に入ります。そしてすぐ壊れます。使っていると壊れるのです。剣で敵を切っているとやがて壊れる。修復などは不可能なので、そこらで調達しなくてはなりません。すると今倒した敵の武器が落ちている。これを拾って自分の武器にする。武器も現地調達する必要があり、なかなかハードなのですが、これは多彩な武器を様々使うようにもなるという良く出来たサイクルとなっています。

f:id:you101611:20170731225310p:plain

ともあれ、いきなり平原に放り出されたリンク。一応ストーリーを進めるガイドはあり、最初の行動範囲となる「始まりの台地」はチュートリアル的な側面もありますが、どうするかはプレイヤーの自由。イノシシを狩ったり、集落をつくるボコブリンに喧嘩を売ったり、崖を登ってみたり、とりあえずやりたいことをやってみるのが良いでしょう。その自由さがこのゲームをクリアする上でも重要でした。

f:id:you101611:20170731225235p:plain

始まりの台地で学べる「このゲームで出来ること」がクリアするまでの基本。シーカーストーンを使ってハイラルに点在する古代遺跡を起動するのがその一つです。これは単なるコンプ要素ではなく、探索する手掛かりやステータスアップを獲得できるものであり、ダンジョンのクリアと並行して優先的に行われるものだと思います。

f:id:you101611:20170731225714p:plain

f:id:you101611:20170825001705p:plain

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

どんなプレイをするにしろ始まりの台地のチュートリアルを全て踏むのは必須なのですが、特筆すべきはここで得られるアイテム(バクダン、磁石、氷柱、運動停止、パラセール)があれば、ハイラル全土を踏破することが可能ということです。勿論馬や特定環境での移動性能の良い装備などは各地で手に入りますが、これらが無くともあちこちに行ける。どんな順番でダンジョンを回っても良い。というかパラセールと崖登りが万能なのです。迷ったら高い所に登る。目的地を見つけたら滑空で直行。そういう近道が許されているのも、このゲームの解放的なところだと思います。

f:id:you101611:20170731225217p:plain

鹿にも乗れる

f:id:you101611:20170827195452p:plain

熊にも乗れる

ゼルダといえば、我々に近い「ハイリア人」の他に「ゴロン族」や「ゾーラ族」、「リト族」、「ゲルド族」といった亜人種が登場することも印象的です。既作品と同じく彼らの住む地域に赴き、ダンジョンをクリアすることで彼らの問題を解決することがストーリーの流れとしてあります。今回のダンジョンは「神獣」。

f:id:you101611:20170827195631p:plain

f:id:you101611:20170825002322p:plain

アクションゲームとしての要素はこんな感じなのですが、チュートリアル終わったらこれら全部無視していきなりラスボスの元に向かうことだって出来るのです。現にAny%RTAではバグなしで40分クリアとかしてる方いるし。

そうするとストーリーにほとんど触れないことになるんですが、ストーリー触れること無くクリアすることも可能なのに、ストーリーの各部分が胸を熱くするんです。むしろ、クリアには不要な探索をすればするほど、各所に登場人物の痕跡があって、人物としての生を感じる。このBotWのハイラルは一つの世界として確立していて、その人々が生きる世界を旅するという感覚になれます。

f:id:you101611:20170825005359p:plain

特徴的な部分としてモブも含めたほとんど全てのNPCに名前が存在することです。そして、彼らはまるで生きているかのように行動する。雨が降れば屋根の下に駆け込み、魔物が近寄れば怯えて逃げ、夜が来れば寝る。リンクの様子に応じて会話の内容が変化するのも注目です。

f:id:you101611:20170731225638p:plain

f:id:you101611:20170827194831p:plain

メインを飾る人物が魅力的なのも大きいですね。

主要人物の描写が細かく彼らを通じて「リンク」を描いているのはプレイヤーの親近感を煽ります。生のリアルさと架空のご都合的な親しみやすさを上手くミックスしているのが、物語として良い。

ゼルダ姫。今回のゼルダは不完全さが見える少女。主に回想でその姿は描かれていきますが、その必死さとその結果が彼女を段々と理解させてくれ、愛おしく感じさせます。ハイラル王との親子の想いがあるところで残されているのを見つけると、涙を誘われました。

f:id:you101611:20170825010348p:plain

シーカー族のパーヤ。凄くね、可愛い子なんですよ…。このゲームにおける「日記を読む」ことの味わい深さはパーヤのイベントが教えてくれました。ホント日記読んで。こまめに日記読みにカカリコ村に行くんだ

f:id:you101611:20170825012405p:plain

シーカー族の研究者、プルア。チェッキー!可能性の塊。

f:id:you101611:20170825013651p:plain

ゾーラ族の「英傑」、ミファー。多分BotWで一位二位を争う人気キャラなのでは。ぼくも好き。彼女、彼女の「ゾーラの鎧」を巡るエピソードは作中一番の見所。ゾーラの彼女の祈りは勇者を癒し続ける。

f:id:you101611:20170731225626p:plain

ゾーラのプリンス、シド。ミファーの弟なのですが、コイツホント良い奴。最高だゾッ! 彼との共闘に熱くならない人はいないでしょう。彼のお陰で、ゾーラの里は一番居心地の良い場所です。

f:id:you101611:20170825011738p:plain

リト族の「英傑」、リーバル。最初はいけ好かない奴に見えますが、いや実際いけ好かない奴ですが、それはそれとしてこう主人公にバチバチ来るプライド高そうなキャラは良い、それが最後の最後にちょっと認めてくれるのがもっと良いのだ。

f:id:you101611:20170825012834p:plain

他にも多くの魅力的な人物が登場します。ムービーはフルボイスなのも印象に残りやすい。

f:id:you101611:20170825013257p:plain

f:id:you101611:20170825013835p:plain

f:id:you101611:20170825014559p:plain

f:id:you101611:20170825014642p:plain

f:id:you101611:20170825014625p:plain

敵も種類はシリーズの中では少ない方ですが、愛らしかったり強かったりと個性的。

まず最初に出会う敵はお馴染みボコブリン。画像ではリンクと仲睦まじく写真を撮っていますが、実際はマジで殺しに来ます。序盤はリンクの耐久は低くまた武器も貧弱なので、攻撃を数発喰らえば死にます。ゲームが進むとリンクは強くなっていきますが、ボコブリンも高耐久になり、使用する武器もより上位の武器となるために油断すると死にます。彼らの武器目当てで戦わなくちゃならないことも多々あるので…。

モリブリンも。手足が長くリーチが掴みづらい中盤の強敵。

イワロック。ゲームが始まってすぐに遭遇できます。慣れれば良い金稼ぎ場。

f:id:you101611:20170827201844p:plain

ライネル先生。ちょっとBotWに慣れた頃に見かける敵ですが、近距離遠距離どちらも隙の無い猛攻で一気に殺しに来ます。ですがガードジャスト、回避ジャスト、急所への射撃など戦闘におけるテクニックが身についたころに行ってみると不思議と倒せるようになっています。落とす武器や素材も重要。

f:id:you101611:20170827201801p:plain

ガーディアン。やけに耳に残るBGMと共に慣れるまでは本当に怖い。慣れても怖い。

f:id:you101611:20170827202723p:plain

シリーズお馴染みの要素も健在。

f:id:you101611:20170731225659p:plain

通常プレイだけでいつもの格好にもなれます。

f:id:you101611:20170827194544p:plain

障害物走や流鏑馬も。流鏑馬難しいというか弓矢の消費が…。

f:id:you101611:20170827195324p:plain

本当に出来ることが多すぎて、他のゲームが物足りなくなることすらあるゲームでした。他の人のプレイを見てみると自分とは違う順番、違う方法でクリアしたりしていて、それもまた楽しい。

ぼくはラスボス撃破までのプレイ時間が150時間ほどでした。かなり寄り道してもこれくらいで、100%RTAとかでも40時間ほどかかるみたいです。

DLCでは今まで歩いた経路が地図に表示される「足跡モード」が実装。移動の様子を再生することもできて、GAME OVERしたところではリンクの悲鳴が流れるのも含めて面白い

DLCではほかにも過去作のキャラのコスチュームが実装。

ムジュラ以来大(不)人気のあのおっさんとか

f:id:you101611:20170827203000p:plain

あの仮面とか。

f:id:you101611:20170827203122p:plain

こちらもDLCの剣の試練。クリアごとに三段階マスターソードが強化されます。終盤になると下の通り鬼畜な光景が。

f:id:you101611:20170827203216p:plain

他にも実質ハードモードの「マスターモード」があります。序盤からライネルがいたりとハードな様子。ノーマルモード100%クリアしたらやろうかな…。

冬にはDLC第2弾「英傑たちの詩」が予定されています。こちらは新ストーリーと新マップが実装されるそう。本作に登場する「英傑」は皆本当にリンクとゼルダと共に居る者たちとして粒ぞろいなので、本当に楽しみ。

 

ブレスオブザワイルド、語っても語り切れないとてつもないゲームで遊んでも遊びきれない奥深さがあるので、皆プレイして、ネタバレ込みの会話をぼくにさせてください…。

f:id:you101611:20170827195759p:plain