うーはここで色々かくつもり

しがない学生。二次元が理想過ぎて三次が見れない。作家になる為日々精進。

一から見る「カバネリ」【甲鉄城のカバネリ 海門決戦・感想】

 お久しぶりです。2週間ほど一から歌舞伎の勉強をするのに忙しくて、映画館行ったりここになにか書く余裕がなかったきんぱつびしょうじょ。わずかな暇を見つけて家で色々観たりはするようにしてたんですけど。それでも歌舞伎のアーカイブ凝視する時間が長くて。

 んで、ようやく忙し期間が終了したので枷が外れたように映画館に赴く。でも今回のは予習が必要な作品だったので、まずはそっちの方から。

 『甲鉄城のカバネリTVシリーズ全12話観ました。Amazon Primeで観られます。

 蒸気機関が発達した世界、極東の島国・日ノ本では、西洋から流入した生ける屍「カバネ」が蔓延していた。その中で、人々は駅を要塞化した駿城と、駅間を移動する装甲蒸気機関車に身を寄せ合って生きていた。

 蒸気鍛冶の少年・生駒は友人の逞生と共にカバネ研究を行っていた。ある時、生駒の住む顕金駅にカバネの群れが侵入する。カバネと対峙した生駒は、自ら発明したツラヌキ筒により遂にカバネを撃破するも、同時に噛まれてしまう。研究によりカバネがウイルスにより伝染するものと知っていた生駒は、自らの身体を機器に取り付ける。そして、カバネ化を食い止めた生駒は人でもカバネでもない、「カバネリ」となるのであった。

 ヒロインどこいった? 知らねえ。

 「スチームパンク」「ゾンビ」「ロードムービー」と要素が分かりやすい作品。蒸気機関車「甲鉄城」で行く先々のカバネと戦っていく。

 とにかく第1話の掴みが良い。メガネの肉体的には強くない少年がそれでも着実な準備と強い覚悟の下に、戦う手段を得る。1話からガッツリ盛り上げてガッツリ掴まれました。

 この生駒くん、最終話までずっとガッツの男で本当に応援したくなる主人公なんですよね。かつて犯した過ちを繰り返さない、自分を認めない人々を見返してやる、ヒロイン・無名との約束を守る、そのためにズタボロになりながらもカバネと戦い続ける。見れば見るほど生駒くんが好きになったんですけど、登場人物たちも同じだったようで、最初は人でない生駒を拒絶する甲鉄城の面々なのですが、次第信頼を受けていく。と共に甲鉄城の面々も魅力的になっていく。特に逞生や来栖といった男たち。

 終盤、ヒロインの無名をカバネリにして育てた天鳥美馬と対立するのですが、この人間同士で争う展開はどうもこのアニメの面白い部分と逸れる気が…。序盤から示唆されてた展開ではありましたしカバネも主な敵として出てきましたけど、最初に提示された問題放って他の事件、特に人間同士の戦いにシフトする話苦手なんですよね…。無名が美馬を慕って生駒と離れてしまうのも相まってしんどかった。眉目秀麗な男に騙されるヒロインって構図辛くないですか?

 そんな終盤でも、変わらず生駒くんはガッツを見せる。こんな展開だからこそ、生駒くん更に応援したくなったし、もっと好きになる。

 晴れてハッピーエンドとなった最終回、生駒を甲鉄城に送るシーンで思ったのですが…。

f:id:you101611:20190521131334j:plain

第12話「甲鉄城」

 これファーストガンダムの最終話『脱出』オマージュだこれー!! いや絶対そうでしょこれ。そういえば荒木哲郎監督、Gレコで富野監督と仕事してたな…。

f:id:you101611:20190521132050j:plain

機動戦士ガンダム 第43話「脱出」

 思えば、少年少女を乗り物(戦艦、甲鉄城)という閉鎖空間に閉じ込めて旅をさせる形式は所謂「富野方式」と呼ばれるものだし、序盤の途中で移動を止めるよう要求する一般人、ライバルキャラを慕うヒロインなど、ところどころにファーストガンダムみを感じる…。

 ということでファーストガンダム世代のおじさんたちにオススメしたい作品でした。

 

 さてそれでは本題。

f:id:you101611:20190521132943j:plain

 『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』観ました。

 天鳥美馬率いる狩方衆の反乱による日ノ本の中心・金剛郭の陥落は、日ノ本の統一を揺るがす事態を招いた。その中で金剛郭の動乱を生き延びた甲鉄城は、彼らの故郷・顕金駅を目指して旅を続けていた。そこで辿り着いたのが、カバネにより廃坑となった駅「海門」。現地で決起された連合軍との海門奪還作戦が決行されようとしていた。

 今回も例のごとく劇場版の予告を観て興味を持ったのでTVシリーズから観始めたスタイル。予告の段階ではヒロインかわいいなあとかアクション良さそうだなとか、そういう印象でした。

 今回はTVシリーズ中盤であったような、甲鉄城が訪れた地でのカバネの謎と対峙するストーリー。個人的にカバネリで一番面白いと思う形式の話を、本編後の甲鉄城の面々の関係性が出来上がった状態で観られるのが良かった。

 劇場版だけあってアクションが凄い。無名のアクロバティックで華麗な銃捌き、ガンカタはパワーアップしている上に、今回は生駒くんもガンガン動く。エンディングもめっちゃ動いてた。

 序盤、新キャラたちと生駒の不和もあってギスギスした雰囲気が続いていたのにちょっと不安になったのですが、こういう話を動かすのに使われがちな衝突にも設定的に一応説明をつけていたり、新キャラ、敵についてもどういう人物なのか短時間で細かに描写してみせてその結末まで見せたり、とにかく丁寧な物語だったのが好感。おじさん、家族のもとに帰れて良かったね…。

 来栖とか相変わらず魅力的な男たちが多い作品なのですが、今回は甲鉄城の制御から無名の援護まで巣刈の活躍が多かった。来栖はタジタジ。

 何よりカバネリで語るべくは、生駒くんですよ! 今回もやっぱり自分の使命、覚悟に燃えるガッツの男。カバネリという身故に、現地の人々はかつての甲鉄城の人々のように警戒し、隙あらば殺そうとする。それに憤りはすれど、言動の方向性は常に打倒カバネなのがやっぱ生駒くんすき。というか生駒が一番怒りを顕にしたのが自分への扱いじゃなくて、無名を危険に晒されたことなのが彼のキャラクターを端的に表してますね。狩方衆、美馬との戦いを経てかなり頼もしくなってて、いよいよ心身ともに成熟してきたなと。そんな生駒の姿に無名も好意を抱き始めてる、生駒は無名を守って人間に戻すという約束を大事にしている、こういう関係性ほんとに好きなんですよね。いいよね…。主人公はヒロインに対してあまり好き好きしないのがたまんねえ〜。

  このロードムービー形式ホントに好きなので、続編で日本一周とかしてくれたらずっと観るんだけどなあ。続きやってくんないかなー。

 映画館では5月23日まで上映ともうすぐ終わってしまうのですが、既にAmazon PrimeNetflixで配信されています。ボクは一度は映画館で観たかったので1日で12話観る強行軍を決行したのですが、是非TVシリーズの方から観てほしいですね! 特にファーストガンダムが好きな方に!

 映画館から帰宅後に細部を確認するためにNetflixでもう一度観たのですが、冒頭に知らないシーンが追加されてた。映画の方ではセリフで言及されてた場面だったんですけど。劇場版総集編に追加カットがあったらしいけど、総集編の配信はされていないのでそれがあの冒頭に流用されてるのカナ…? そもそも配信版は3話構成に編集されてるけど。

 ともあれ。まだまだ面白さの可能性が残る作品、アマプラで全部観られるからこんなところ見てないで早く観なさい!

 

youtu.be

f:id:you101611:20190521155938j:plain

次に読む本

GWなのでシド・ミード展

 令和が始まり、5月が始まり、そしてゴールデンウィークが終わりましたね。

 ぼくのゴールデンウィークは家族が旅行土産に買って来た秩父名物「わらじカツ」を食べるだけで終わりました。休みが…無かったんだよなあ…。

f:id:you101611:20190508235649p:plain

大皿でやっと収まりきるサイズのカツ。カツ丼として食べるのが人気らしい。

 連休に遊べなかったのを忸怩たる思いでいたのですが、ようやく時間的にも金銭的にも余裕が出来たので行ってきました。

f:id:you101611:20190509000022p:plain

 「シド・ミード展」に行ってきました。アーツ千代田3331での開催。

 シド・ミード、といえば多くの方がご存知と思いますが、スタートレックブレードランナーなど多くの作品のデザインに参加した工業デザイナー。近未来的なフォルムのカーデザインも目にしたことがある人多そう。ガンダムファンであるボクとしては、∀ガンダムメカニックデザインZガンダムのポスターなどで知りました。

 展示は大別してカーデザインをはじめとしたオリジナル作品と、映画作品のデザインスケッチ・イラスト、そして日本のアニメである「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」における作品の3種を展示。

 先述の通りボクはガンダムファンなので∀の原画を一番の目当てとして観に行ったのですが、どの作品も端から端まで細かく描き込まれててついつい凝視してしまうものでした。デザインの勉強とかしてるわけじゃないので上手く表現できないんですが、どの画にも世界観というかストーリーというかそういう生きたものがあって額縁の外側も覗いてみたくなるというか…。

f:id:you101611:20190509001907p:plain

f:id:you101611:20190509001634p:plain


 そして個人的に一番の見所はやはり∀ガンダムの展示。シド・ミードがデザインした∀ガンダム、スモー、ターンXなどの原画やポスターの原稿などがありましたが、描き込みが凄いのとデザインの意図が僅かながら理解出来る(ボク程度ではそれでも半分にも及んでいないだろうが)気合いの入った展示で何度観ても見飽きない。かの有名な∀ガンダムデザイン時の富野監督らとの折衝に関しても、シド・ミードの視点での解説映像が上映されていてクスリ。

f:id:you101611:20190509002125p:plain

f:id:you101611:20190509002932p:plain

 『∀ガンダム』の主人公ロラン・セアックを演じた朴璐美による音声ガイトに加えて、スマートフォンを使ったちょっと変わった展示も興味深かったです。

 普段デザインに関わりがなくとも、関心のある作品のデザインというだけで十分に行く価値のある個展でした。貴重な原画がただ観られるだけでなく、画の中に広がっている世界を考え、想像するのが楽しい。天才の頭の中が少しでも覗けたような気がする。

 この「シド・ミード展」はアーツ千代田3331で5月19日まで開催。

f:id:you101611:20190509003756p:plain

3000回ありがとう。【Avengers: Endgame・感想】

 あれから2週間、機は熟した。 

f:id:you101611:20190426062652p:plain

 以前に書いた通り「Avengers: Endgame」観ました。公開初日の初回に観て、その後数日後にもう一回観てきました。いずれも字幕版で。

 「Don't Spoil The Endgame」ということで観てすぐネタバレは止さないとなと思っていましたが、それでも観た後は興奮しすぎて喋りたくて仕方ない、でもこの面白さの1/3がサプライズで構成されてることもあって言って他の人の体験をジャマしちゃダメだ、というムズムズにこの数日支配されていました。

 とりあえず語れる人を増やそうと、友人と二回目三回目の鑑賞の予定を立てていたところなのですが、遂にネタバレ解禁ということで、午前4時に上映が終わったあの後興奮に寝られぬまま書いた感想・エモみポイントを放出する時…。

 ネタバレ気にせず書くのでまだ映画観てない人は今すぐ映画館に行け。MCU作品全然観てないって人はレンタルビデオ店に行くなり、ディズニーDX一か月体験入会して全部観ろ。

 

 

 サノスのインフィニティ・ガントレットにより宇宙の生命の半分が消滅する、それはスーパーヒーローたちやその家族もまた例外では無かった。地球から遠く離れた星、タイタンに取り残されたトニー・スターク/アイアンマンとネビュラ。そして、地球にてサノスに敗北しつつも生き残ったスティーブ・ロジャースキャプテン・アメリカ、ソー、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ、ブルース・バナー/ハルク、ジェームズ・ローズ/ウォーマシン、ロケットらはサノスの居所さえ掴めずにいた。

 

 今作は主に3つのパートで構成されていたと思う。

 まずサプライズのパート。いきなり「FIVE YEARS LATER」とタイムラインが大きく動くのも驚き(今までの作品はほぼ公開時期と同じ時期の設定ゆえに、数か月おきに事件が発生している)なのですが、そこから娘・モーガンが生まれているトニーやプロフェッサーハルクなどヒーローたちにも大きな変化が生まれている。ただ単にこれらをサプライズと評することもできますが、それ以上にこの「敗北の後の5年」で前に進んだ者たちの描写は、一方で過去の敗北に囚われ続けるキャップたちと対比になっている。ローニンとなったクリント・バートンや堕落したソーなど、過去に囚われることで変わってしまった者たちもいるそしてこの世界の変化に対して観客と同様の目線で驚くことになるスコット・ラング/アントマンMCUの清涼剤。

 続く「タイム泥棒」の部分はまさにファンサービスのパート。量子空間によるタイムトラベルは多くの人々が予想していたことと思いますが、まさかこんなにガッツリ過去作オマージュをやってくれるなんて。エンドゲーム観る前にインフィニティストーンが絡む作品は観ておいた方が良いとは思っていましたが、観たことある人も多いであろう「Avengers」から逆にファンじゃないと観ていなそうな「Captain America: The Winter Soldier」や「Thor: The Dark World」まで…。ホントに、全作観て良かった、それはエンドゲーム全パートに言えることだけど。ここまでファンサービスに全振りしていると該当作品観てない人分かんないんじゃないかなとも思ったんですけど、一緒に観た友人は大丈夫そうで安心した。むしろ、タイムトラベルもの特有のややこしさの方が難解だった感?

 そして最終決戦のパート。BIG3!ムジョルニア!アッセンブル!全部詰め込みました!好き。ワカンダの戦士たちや魔術師たちも来てくれて、いよいよ全員集合で本当に燃える。ワンダとキャロルがサノス圧倒してて草。ブラックパンサースパイダーマンキャプテン・マーベルとリレーされるガントレットのシーンなんかには今後のMCUを牽引するヒーローの姿に見える。

 個々のキャラクターについて。

  • ネビュラ

f:id:you101611:20190506232411p:plain

 タイタンにてトニーと二人きりになってどうなるかと思ったら、凄い打ち解けてて頬が緩む。GotGからの積み重ねを経て、愛らしい人物になったなあ。前作IWのヒロインはガモーラだと思ってるんですが、今作のヒロインはネビュラだった気がする。気付けばアベンジャーズの一員として溶け込み、GotG唯一の生き残りのロケットやローディとの絡みもあってホント可愛いなあって。サノスの娘として、ガモーラの妹としての描写もあり、とにかく好きになった。今後のアホたちとの活躍が楽しみだぞぉ!演ずるカレン・ギランもスゴイ美人。

  • ソー

f:id:you101611:20190506232450p:plain

 家族の全てを失ってしまい怒りのままにサノスを殺すも、失意のうちにデブる。笑いどころではあったけれど、それがダークワールドの世界でまた奮起し、ダークワールド自体も価値の上がる内容だったのが…。結局デブのままだったけど、ムジョルニアとストームブレイカーとの二刀流やキャップやトニーとの連携とやっぱカッコイイ。ソーはまだこの先が観れそうなのがホントに楽しみ。

f:id:you101611:20190506232530p:plain

 アメリカのケツ。前作ではパッとしなかったけど今作は面目躍如。精神的支柱としてだけでなく強い。痴漢エレベーター再現でニヤニヤしてたら(ハイルヒドラ)でクッソ笑った。ナターシャの死に涙する姿など、今までになかった姿も印象的。そして遂にムジョルニアを持ち上げ、雷撃、シールドとの合わせ技まで披露する。これだけで二回目でも泣きそうになったのに、ようやく言ってくれた「Avengers! Assemble.」BGM、遂に叶った全員集合もあって鳥肌がヤバい。誰もが今作ではやってくれるであろうと思ってたネタなのに、いやむしろ待ち望んでいたからこそ、このシーンだけで100点満点中1億点ありがとう。

  • トニー・スターク/アイアンマン

f:id:you101611:20190506232558p:plain

 ありがとう、ただそれしか。

 子供が生まれ、父と語り合い、友と手を取り合う。今までの作品で一番トニーに優しい話だった気がする。それだけに最後の決断は美しくも悲しいけれど。二回目観た時はピーターと抱き合うシーンで一番ウルっと来たかも。Iron Man 3のポテトガンの少年が出て来たのも嬉しかった。

 

 その他のアベンジャーズもようやくチームとして纏まってくれたのが感慨深い…。だってテレビ放送を機に過去アベンジャーズ観てたら毎回仲間割れしてるんだもん(笑) シビルウォーは面白いけど…なかなかしんどい。面白すぎてもう何度も観てるけど。

  • サノス

f:id:you101611:20190506232725p:plain

 強大なヴィランながらも前作では主人公的な扱いでしたが今回では敵。

 前作と今作での印象の違いに関しては二つの要因があると思う。まず一つ目が登場するサノス自体の体験の違い。前作ではいよいよ悲願に迫り、最愛の娘すら犠牲にするという経験を経て、命を半分に減らした。今作ではGotGの時点でのやっと一つ目のパワーストーンを発見した段階。だから「地球の壊滅は楽しんでやる」なんてセリフも吐ける。

 加えて二つ目、これがかなりのウェイトを占めると考えているのだが、偏にIWと今作での視点、描写の違いにあると思う。前述の通り、IWはサノスをメインとしてサノスが作中屈指の覚悟と犠牲のもとに目標を達成するわけですが、これがイコールヒーローたちの敗北であるために、ヒーロー映画としての完成をせねばならない以上勝者の理屈が納得に乏しいもの、論理の欠片もないものであることは避けたい。それ故に、IWは大分「サノスに同調できる部分もある」ような描き方が強い。「今あるリソースに対して命の数が多過ぎる」というサノスの主張には正しい部分もある。「己の目的のために最愛の人すら犠牲にする」というサノスの覚悟は純粋に見える。そうした部分をIWでは強調して描いている。だが、ではそのために「命を無作為に半分にする」という行為は正しいのか?ヴォーミアガモーラを殺したことは覚悟と正義の前では仕方のない犠牲なのか?その点に関しては、IWではヒーローたちを消し、サノスが農村で黄昏れて終わるという形で観客を置き去りにする事で答えを出さない。(IWの冒頭を観ればわかる通りサノス率いるブラックオーダーの様子はまるでカルト宗教のようで、サノスはサイコパスに近い思想にいるが、描写の仕方によりそれを上手く隠している。)

 対してエンドゲームは、ヴォーミアではクリントとナターシャが互いに犠牲になろうとする。ヒーローたちは再起と自己犠牲の後に消滅した人々を元に戻す。切り捨てる覚悟の下で悲願を達成したサノスと対照的に、アベンジャーズは団結する覚悟によって世界を守ったのだ。

f:id:you101611:20190426062921p:plain

 受け継がれた「キャプテン・アメリカ」や今後のヒーローたち、そして何気に歴史を変えてるロキなど、明らかに今後のシリーズに繋がるものも満載で…というかこんな物凄い映画やってまだ続くというのが恐れ知らず。フェイズ3のラストを飾る「Spider-Man: Far From Home」、そして続くフェイズ4でどうボクたちを驚かせてくれるか、本当に楽しみで仕方がない。

 そしてDisney+は日本でサービス開始してくれるのか?

 とりあえず、近いうちに3回目観に行くので、また新たな発見があるといいな。一緒に行く友人とMCUおさらい上映会などしつつ、またワクワクしている。

f:id:you101611:20190506203903p:plain

入場特典のおきあがりこぼしはブラックウィドウでした

  スパイディもうすぐじゃん!!

黄色のコスチュームの映画は売れそうですね【Pokémon: Detective Pikachu(邦題: 名探偵ピカチュウ)・感想】

 Happy New Era!!😁

 ということで始まりました令和。皆さん良いゴールデンウィークをお過ごしでしょうか。ボクはお過ごしじゃないです。金が無い何より休みが無いぞなんでだ。金欠なのはGW後にお金が入るので良いんですけど休みが無いのはなんでなんですかねえ💢💢

 時間さえあるならシド・ミード展行きたかったんだが💢💢💢 誰か一緒に行く人いませんか💢💢

 ということで休みがなかったので、令和最初の記事はエンドゲームについてではなく今週の映画について。エンドゲームは来週月曜からネタバレ解禁、ってルッソ兄弟も言ってたから…。

f:id:you101611:20190504142818p:plain

 「Pokémon: Detective Pikachu(邦題: 名探偵ピカチュウ)」観ました。

 生々しくリアルな姿のポケモンが賛否ともに話題となっているハリウッド版ポケモン、同タイトルのゲーム作品「名探偵ピカチュウ」を原作とする映画作品。情報が出たタイミングでゲーム版と映画版の認識がごっちゃになってゲーム版のPVが映画の予告だと一時期思っていたので、予告でしわしわのピカチュウ見て笑った。ゲームの方は家族がプレイしてましたけど面白いんですかね。

f:id:you101611:20190504144207p:plain

ニンテンドー3DSソフト「名探偵ピカチュウ

 人間とポケモンが共生する世界、青年ティム・グッドマンはポケモンを持たずにいた。そんな彼に、離れて暮らす父ハリーの訃報が届く。ライムシティで探偵をしていたハリー、彼の事務所にして住まいに訪れたティムは、帽子を被った謎のピカチュウに出会う。ピカチュウの言葉が理解できることに困惑するティム。この「喋る」ピカチュウとの出会いがティムを大きく変えることとなる。

 ポケモンの実写化ということで、日本のこういう作品のハリウッド版映画と聞くと痛い思い出のある諸君も多いことかと思われるが、世界観の描写という点でその心配は杞憂だった。開幕から常に画面のどこかで動き、生きているポケモンたち。まるで現実の小鳥のようにポッポやピジョンが飛び回り、牧場では牛のようにバッフロンが駆け回る。我々の世界の動物たちとなんら変わらないポケモンたちが生きていた。実写であることも加味すると、むしろリアルな造形のポケモンたちのほうが風景に溶け込んでいて良いのかも。ポケモンの現実から外れたファンタジーな部分の、誇張の仕方もコミカルさに転化していて楽しい。バリヤードがパントマイムするシーンとか笑いが抑えられなかった。技も含めてこんな強い生物が身近にいたら、ある程度人間に友好的じゃないと恐ろしいよなあ…。初代赤緑からサンムーンまで世代を問わず多くのポケモンが登場していたり、エンドロールなども含めてポケモンという作品へのリスペクトを随所に感じたのは、ポケモンファンとして嬉しかった。

 このピカチュウを演じるのは、デッドプールなどで有名なRyan Reynolds。ユーモア溢れるセリフ回しとキメ顔が魅力のレイノルズ、個人的に彼のことが好きなのでポケモン以上にレイノルズ演ずるピカチュウを観に行ったところが大きかったのですが…。

 ライアン・レイノルズ、面白すぎるんだよなあ。予告で観られるようなシワクチャな顔の時点で面白いんですけど、喋りも表情もレイノルズそのままでもうそれだけで面白かった。ピカチュウモーションキャプチャーもレイノルズがやってるんですよね。多分アドリブ部分かなりカットされてるんだろうなとも思いましたが、ポケモンという独自の世界観がある以上仕方がない。ピカチュウにあんなチャーミングな顔色されたら可愛くて仕方ない。

(微ネタバレ)

 成長促進されたドダイトスのシーンなんかは実写映画ならではのスケールで驚きもあってよかったですね! もともとの設定で「背中の上でポケモンが暮らし始めることもある」ポケモンですが、あそこまで揺れると逆に危なそう。

 レイノルズピカチュウがあまりに気に入りすぎて、個人的にこれだと嫌だなーというオチが来てしまった感あったのですが、レイノルズ本人の顔が映るシーンで(絶対笑いどころでもなんでもないのに)笑っちゃったので面白かったと認めるしかない。隣の人も笑ってた。

 

f:id:you101611:20190504173354p:plain

かわいい

 本作でもミュウツーが登場しますが、本家アニメの劇場版にミュウツーの逆襲リメイクが控えている。そちらもいつもと異なり3Dアニメですが、楽しみ。

 

 3Dアニメと言えばドラクエ映画、初めて予告見たけどホントに鳥山明じゃなくてビックリした。